Mathuvision feat. Mathematik / DJ A-Mu Limited 12″ Vinyl

ABSR-001A-01.jpg

Mathuvision feat Mathematik / DJ A-Mu (ABSR-001)
Format: 12inch Vinyl  Price: ¥2,000(with TAX) or $20(USD)
Now on Sale!

静岡県発の新レーベル“A Big Step Records”より、90sアングラ盤愛好家から絶大な人気を誇るカナダのHIPHOPレジェンドMathematikの新録曲が12インチVinylでリリース!
トラック&プロデュースを手がけるのはレペゼン静岡、Toronto帰りのHipHop Junkie、DJ A-Mu!

レイドバックな上ネタに90sマナーに則ったドラムが冴える“Mathuvision“オリジナルVer.に加え、和楽器ネタがDopeなRemixも収録!Mathematikも快心の3バース+フックの擦りまでやっちゃってます!これがまた渋い!!
さらにMathematik / Formation からの一節をサンプリングしたノスタルジックなインストゥルメンタルトラック“Dialect“も収録。
Toronto で繋がったUnderground Hiphop コラボ!
Limited 500 copies!お見逃しなく!!

Track List:
A1 Mathuvision (main)
A2. Mathuvision (inst)
A3. Dialect
B1. Mathuvision Remix (main)
B2. Mathuvision Remix (inst)

◆ DJ A-Mu (A Big Step Records)
1984年産、静岡県出身のDJ / Beat Maker / Hiphop大好き人間。
DJ S-KY THE COOKINJAX、DJ SHIROHIRA、REEMAN FLYDAY、DJ ANAGOらと共に静岡が誇るUnderground Hiphop Event『Buck em Down』のレギュラーDJとして活動。
2013年、054City Productionより和製レアグルーヴMix CD『Wan』をリリース。
同年よりカナダはトロントにて1年半のBBOYライフをエンジョイし帰国。
2016年、自身のレーベル『A Big Step Records』をスタート。
静岡県内を軸にDJ/プロデューサーとして勢力的に活動中!
トロントのVinyl Junkie HIPHOPグループ“Crate bugz”と関東を代表するBBOY/HIPHOP集団“Jam Jack Clan”所属。

 

 

委託、買取でのお取り扱い頂ける店舗様、まずはお問い合わせくださいませ。

 

◆For International customer,and record shop

I can international shipping.

Please contact us first.

thank you.

about international shipping

 

info@abigsteprecords.com

 

Elements of Mind / Citizenkane ft. Mathematik

この日の事は忘れられません。

Torontoで生活し始めて9ヶ月目、初めての寒すぎる冬が明けて徐々に街に活気が出始めた5月のこと。

出勤前、朝からfacebookをチェックしているとヤバいイベントを発見!!

ラジオ局プレゼンツの無料ライブイベントがダンダススクウェアのHard Rock Cafeで行われる!

そしてそのメンツがなんと!!

Maestoro Fresh Wes, Saukrates, Choclairなどなど!! 元々カナダのアングラのRAPが好きだった僕はそれまでのトロント生活では見る事ができなかったローカルHiphopのレジェンドがついに見れるって事でめちゃくちゃ嬉しくて心踊りました。

10330295_710780298985584_2480462689861076689_n

え!しかも今日の夕方かよ!!みたいな感じだったと思います。

すぐに仲間に連絡しました。

するとこんな返信が。

 

今夜こんなイベントもあるよ!

1797629_710780342318913_3008063725218929321_n

まじかよー! CitizenkaneにMathematikて!!やばすぎっしょー!!

しかもウチの近所に新しくできたBarじゃないかー!!!

そんな感じでワクワクドキドキしながら仕事を終わらせ、まずはダンダススクウェアへ。

日本人Beat Maker仲間の1008プロとヨーダと合流して、ビール飲みながらLIVEを待つ。その時のDJがConcret Mobとか流しててテンション上がったのを覚えています。(それまでTorontoでカナダの古いラップを聴く事はほとんどなかった気がします。)

んで肝心のLiveはと言うと、

IMG_9409

choclair

IMG_9411

サクラテス

IMG_9415

マエストロ

 

正直、自分の好みと違ってメインストリームな選曲で個人的にはちょっと残念な感じでした。

90年代中盤の感じが聴きたかったなー。

 

とりあえず家に帰って飲み直しーの、Studio Barへ。

中に入るとMathematikが普通にいるー! citizenkaneも!!

ちょこちょこ話してLIVEを待つ。

 

BWC→ 誰だ?って感じでしたがハードコア&アングラなスタイルでめちゃカッコいい。

後に彼らとはStudio Bar繋がりでめちゃ仲良くなります。

D-sisive→ DJ Seriousのアルバムでも何曲か参加している彼。曲も良いけどパフォーマンスが面白くてRockされました。

 

そしてー! Citizenkane!! わりと最近の曲をメインでやってて知らない曲が多かったけど全然カッコいい!!

IMG_9419

そしてトークをはさみつつ、最後に彼の90s代表曲、Black Rainのイントロが!!来たー!!

と、思ったら曲が止まる。

 

???

 

「今日はマスも来てるから久しぶりにこの曲をやるぜ!! これはRemix Shitだ!!」

 

うおーーーー!! まさかアレやっちゃうんですかー!!!?

 

 

やばすぎでしたー!!!

その後、マスはLarn to EarnやRhyme Traningなど、待ってました!!って曲をやって完璧に〆てくれました。

 

んで終わってからも色々とおしゃべり。マスもスペード(Citizenkane)もめちゃフレンドリーで紳士でした。一緒に曲やろー!なんて言って連絡先交換したり。

IMG_9422

最高すぎました。

Hiphop好きで本当に良かったです。

こんな感じでTorontoに長く住んでる人でもなかなかできないであろう、貴重な体験の数々を

これから徐々にご紹介していこうと思います。

今後ともCheck 1,2 お願いしまーす!!

 

A-Mu

 

 

Out The Box (Roots Forward)

Snippets of the upcoming Roots Forward “Out The Box” release. This is a cassette project with digital download card featuring rare and unreleased rap material from the 80’s/90’s, along with some modern rap gems. Artists include Frankenstein, Jorun Bombay(Modrn World Thang), Crate Bugz, The Good People, AC Productions and Ground Control. Scheduled release date is May 30th. Copies can be ordered via the Roots Forward website:www.rootsforward.com.

Wan / DJ A-Mu (054City Production)

Wan / Mixed by DJ A-MU (054CD-009)
Label: 054 CITY PRODUCTION

 

人気和物シリーズ『FAT JAPPY GROOVES』をリリースする、静岡HIPHOPレーベル054 CITY PRODUCTIONより新たな和の伝道師、DJ A-MUが登場!

・・・ある日、私はいつものように餌箱から持ち帰った数枚のレコード盤に耳を傾けていた。
針を落とすとチリチリとした馴染みの雑音と共に聴き覚えのある70年代洋楽の、ジャジー且つファンキーなカヴァー曲が流れてきた。演奏は日本人によるものだ。期待を超える内容に心が沸く。
音の深みへと足を進めて行くと、数秒後、驚きの、いや運命の展開が私を待っていた。
この心に染み渡る音色。日本人である以上、誰もが耳にしているだろうこの音・・・尺八だ。尺八が日本の民謡を奏でているではないか。ファンキーな洋楽のトラックの上でだ。

その瞬間、自分の中で何かがスパークした。これはまるで…ヒップ・ホップではないか!
現代とは違い洋楽がまだまだ海の向こうの音楽であった1970年代。
そんな時代に、既に日本人が海外の音楽をサンプリングし、日本の文化との融合を計っていたのだ。
素晴らしき和の心。日本人の魅力を再発見した瞬間であった・・・

今作はそんな衝撃を皆様に体感して頂きたく思い制作致しました。

よさこい節、串本節、ちゃっきり節等の日本民謡や、昭和歌謡のインストカヴァーを主軸としながらも、スティービー・ワンダーやダニー・ハサウェイ、クインシー・ジョーンズ等の楽曲の邦人によるカヴァーや野太いドラムブレイク二枚使いでヒップホップ~レアグルーヴファンまでも心踊る内容となっております。

私は日本の古来からある日本の良さについて認識を新たにしたネ。

つまり!ディスカバー・ジャパン!これよ!!